人気ブログランキング |

テキトウ

btee.exblog.jp
ブログトップ

2006年 07月 10日 ( 1 )


2006年 07月 10日

一つの終わりとコレから...

2006年 ワールドカップ ドイツ大会が終わって思ったこと...



アズーリがアズーリらしい戦いでジュール・リメを掲げた。
賛否両論はあると思うが、あれはアズーリの戦いなのだ。
ユーロ2000のオランダ戦の時もそうだった。あの守り倒すカテナチオは、アズーリの立派な戦いなのだ。
恥も外聞もない。自分たちのスタイルを突き通し、戦い抜き、そして勝利をモノにする。
あれこそがアズーリの強さなのだ。
リードしたら、ドローでもPKに持ち込めるなら、自分達が一番勝利に近づく為の方法を選び戦い抜く。
それを知っている彼らは、やはり強いのだ。
その信念の強さ、勝利に対する欲望。コレが彼らの築き上げられた

【 ス タ イ ル 】

歴史と経験と文化が育てた偉大なるスタイル。



さて、そこで日本。日本には何がある?
ハッキリ言って何もない。まだスタイルを語る段階にすらきてない。

ぢゃあ、今の日本代表は何をすれば良いのか?
自分たちのできること、できる範囲のことを最大限に忠実にこなすこと。
そして、戦い抜く気持ちを強く持つことと、自分達の信念を貫く強い気持ち。
それらを実行することで、世界と互角とまではいかないが、戦う資格は得ることはできる。

しかし、現状で日本はコレすら出来てない。
それが、世界との歴然たる差に繋がっている。

そして、さらにボクにはそれ以上に大切なことがあると思う。
それは、サッカー文化の本当の意味での定着。
その為には、日本のサッカーの基盤である、日本サッカー協会が何よりもしっかりした物でないと行けないと思う。
残念ながら、今の協会にはその欠片もない。
川淵という存在が蔓延る限り、その闇は晴れない。
何の建設的な考えもなく、ただ行き当たりばったりの日本代表に対する政策。
全然ハナシにならない。
っていうか、今の都合の悪い日本代表の事情だけを見て、その場しのぎの考え方をしてる時点で、会長はじめ日本サッカー協会は終わっている。ホンマ、JEFはエエ迷惑を受けてると思う。
そんなワケで、今こそ日本全体のサッカー文化をしっかりと育て直す時期ではないか? しっかり根付かすように褌を締め直す時ではないか? 
しっかりとしたサッカー文化を育ててこそ、日本代表はやっと世界に肩を並べようとできるんではないか?
そして、そこでようやくスタイルが築けてくるのではないだろうか?
その時、やっと日本は世界と戦えるようになってるのではないだろうか?

まだまだ先のハナシだろうが、その時を愉しみにしてボクは歳をとっていきたいと思う。



まぁ、その日までボクが生きてるかどうか? って感じやけどね(笑

by btee | 2006-07-10 17:10 | サッカー/フットボール