テキトウ

btee.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 28日

画像クイズ

息子の願い事 画像クイズ Part.30
↑クイズです
ココに答え書いてくれても結構ですんで、ジャンジャンお答えくださいませ♪ どぞヨロシクです!
 
+++++++++++++++++++++++++
Agの仕事は映像関連らしい
A-generator
事務所のブログ
+++++++++++++++++++++++++
 
[PR]

by btee | 2012-06-28 17:11 | ネタ | Comments(0)
2012年 06月 23日

南紀で噂の『牛アタリ』の正体? (6/22~6/23のリザルト)

********************************************************************
お魚釣りのハナシなんで興味あるヒトはどうぞ♪ 興味ないヒトももし良かったらどうぞ♪
過去の釣行記はコチラにもありまっせ♪
********************************************************************



今日は晴天でも、前日(6/21木曜)に豪雨があったんで

『濁りと水潮でタマミは絶望的かな?』

と、思いつつも、3週も行けてないので中毒感が半端ない。
条件が悪いというのは重々判っていながらも、行きたくて行きたくてしかたがない。

と、いうワケで、タマミは難しいだろうけど、チヌが釣れればまぁOKで、ヘダイが釣れれば万々歳、コロダイがきたら超ラッキー的な気持ちで出撃して参りました(笑



いつものポイントは近くに小さな川(河口)があるから、今日はチョット避けたいなぁ、と思い、気持ちばかりなのかもしれませんが、水潮に強そうな所をピックアップしてましたが、第一候補は満席。第二候補も満席やったので、結局はいつものポイントに・・・

で、沖からのウネリの影響か? 海はそこそこザワついていまして、まぁまぁの白波が立ってる。
濁りは思ったほど酷くないけど、川はいつもより全然水量が多く、ガンガン海に流れ込んでます。

やはり条件的には良くないみたいですが、来たからにはベストを尽くしたい!
と、いうワケで迷わず撃てよ! 撃てば判るさ!



で、撃ったら撃ったらで、生命反応は結構ある。常連さんのアナコンダ師匠やウツボンダ師匠のアタリは勿論のこと、それ以外にも竿を叩くアタリや、竿尻を浮かすアタリなんかもある。
が、そこそこ良さげなアタリはどれも乗らない。と、いうか、アナコンダ師匠もウツボンダ師匠も案外鈎に掛かってこない・・・
今回から餌をイカゲソにした影響か? 先だけ喰われ齧られ、鈎ら辺の餌は残ってるパターンが多い・・・

で、そうこうしてる間に、気がつけば開始3時間である午後11時。今のところ釣れたのは小さなアナコンダ師匠1匹のみ・・・
まぁ、予想はしていたが、今日も厳しい修行コースとなってまいりました(苦笑

で、チョット嫌気がさしてきた11時半くらい。チョット仮眠でもしようかと寝転んだその瞬間!



ズぅっ! ガガガーンッ!!!



と、竿がロケッツ! 竿置きの上でビーンっと水平状態!

『キター!!!』

と、闇夜のヒトリボッチの防波堤に響くボクの声(笑 一気にテンションMAX!

竿をムンズと掴み(エロい意味ではない)、竿を強引におっ立てる(決してエロいことではない)。
竿がリールシート辺からひん曲がる!
『竿折られるんちゃうか?』
と、思うほどの、かなりパワフルなヤツだ!
リールが思うように巻けない。と、いうか、リールのハンドルがビクともしない。で、フルロックしているドラグからズリズリとラインが出て行く!

『コレはヤバい! コレは神タマきたこれ!!!』

かなりの苦戦だが、テンションはそりゃあもう↑上がる↑↑上がる↑!
ラインは出るは、リールは巻けないだ、竿は強烈に曲がるは、締め込み(潜り)はスゴいは、で、愉しくないワケがない!
お得意の強引ポンピング&リーリングでなんとか応戦。

が、しばらくヤリトリしてるうちに、何か違いに気付く・・・

『コレ、タマミとちゃうかも?』

と。
確かにパワフルでトルクフルな引きやが、若干、ほんの若干ではあるがスピードが足りないような? この時点でサメではない事は確定。まぁ、サメやったらすぐ浮いてくるしね。
で、その代わり重量感はタップリ。

『まさか、まさか、ひょっとして、クエ? 人生初クエ?』

と、いう答えが脳裏を過る。
が、聞いた話では、クエは案外すぐバテるらしいが、こいつはいつまでたっても走るは潜るはで、かなりのタフネス。

とりあえず、強烈な走りと締め込みは続くし、ラインは出る。ポンピング&リーリングで一進一退の攻防は続く。
しかし、正体が気になる。まだ全然寄ってきてはないが、ラインの方向の沖にヘッドライトを照らしてみる。
すると、ぼんやりと確認できたのは茶色っぽいバカデカい魚影? 全然何か判らないが、まぁ何せとにかくデカい。
必死にポンピング&リーリングを続けるうち、そのバカデカい魚影はだんだんコチラに寄ってくる。

そして、答えが判明する瞬間が訪れた。

ドッボーンっ!!!

平たいヤツが、おもいっきしジャンプしやがった・・・
エイでした・・・ お鼻のあるエイでした・・・

『ナルトビエイかい!』

結果にはかなりガッカリですが、アカエイとは違い、ファイトはかなり愉しいです♪
で、足下まで寄せた結果、ナルトビではなく斑点があったので

マダラトビエイ

で、あることが確定。
っつうか、マヂでデカ過ぎ! 余裕で幅1m以上あるし・・・
ランディング(いつもの人力クレーン)しようかと思いましたが、冗談ではないくらい重い・・・ とても一人で揚げられる代物ではない。こんなんランディングした日にゃあ、腕引き千切れてまいますがな・・・(汗
でも、どうしたらコイツとオサラバできるんだろう? と、悩んでいたら、エイが最後の底力を見せ、また走り出した。そして、ガチガチに固めたドラグからラインが出、パンパンに張ったラインがジリジリと出た次の瞬間、パチンっと切れTHEEND。

死闘は終了した・・・

それにしても、オモロいヤリトリでしたわ。トビエイ系ってアカエイ系と全然引きちゃいますね。
結果はガッカリでしたが、オモロいファイトやったんでマダラトビエイにはアリガトウと感謝しました♪
でも、ココロの中ではランディングして、正確なサイズを計ってみたかった自分もいますが(笑



この後はアタリもほぼ無く、ド干潮のAM2時で試合終了。
コレで7連敗という残念な結果ですけど、チョットだけ充実した気持ちになった。
だって『牛アタリ』の正体かもしれん相手を足下まで寄せたんですから。

それにしても、今日は腕と背と股裏の筋肉がパンパンですわ(汗



※リザルト

釣果:マダラトビエイ×1匹(結局バラシですが) クロアナゴ×1匹
釣行日:2012/06/22~23
ポイント:和歌山県チョメチョメ
ロッド:プロサーフ425CXT
リール:パワーサーフQD
ライン:PE6号
リーダー:ナイロン20号
仕掛:ナイロンハリス24号+ザイロンノット/ムツ針25号
餌:イカゲソ房掛
同行者:なし
 
+++++++++++++++++++++++++
Agの仕事は映像関連らしい
A-generator
事務所のブログ
+++++++++++++++++++++++++
 
[PR]

by btee | 2012-06-23 16:22 | ウオツリ | Comments(2)
2012年 06月 15日

ジョゼ時代の幕開け(ビッグイヤー記念としてボチボチとチェルシー歴でも書きますね-4)

ブリッヂ→グジョ→ブリッヂ!(ビッグイヤー記念としてボチボチとチェルシー歴でも書きますね-3)
↑コレの続きです



さてさて、ラニエリさんの時代が終焉し、新たに迎えた将は、FCポルトに就任して以来、2シーズン連続でで輝かしい成績を残し、特に2シーズン前にUEFAカップ(現EL)、そして前シーズンには、ウチがセミファイナルでボコボコに敗れたモナコをボコボコに破りCL制覇を成し遂げた、ジョゼ・モウリーニョという男だった。

ジョゼは就任会見でこう述べた

『我々チェルシーには最高の選手たちがいる。そして今、傲慢に聞こえたら許して欲しいが、最高の監督を手に入れた。』
『私はヨーロッパチャンピオンである。私は特別な存在(Special One)だ。』

恐ろしいほどの自信であり、尚且つ、自分自身とチームに【自分達は勝者である】という強固な確信を植え付けた。

正直、あれには驚いた。いや、度肝を抜かれた。
ココまで自信タップリな監督ってかつて居ただろうか? ココまで大胆不敵な監督ってかつて居ただろうか?
その時は、期待よりも不安の方が強かったが、この男ならチームを大きく変えるのでは? と、いう印象を強く持たせたのは事実であった。



と、まだまだ続くけど、今日はココまで・・・



+++++++++++++++++++++++++
Agの仕事は映像関連らしい
A-generator
事務所のブログ
+++++++++++++++++++++++++
 
[PR]

by btee | 2012-06-15 17:44 | サッカー/フットボール | Comments(0)
2012年 06月 08日

フォルダに残ってたいつ撮ったか不明な写真&最近撮った写真

a0052103_15493319.jpg

↑一応やけど作成日時は2007/02/05ってあった・・・
けど詳細は不明・・・
まぁ確実に5年以上ほったらかしやったってことですね・・・(苦笑
確かコレは鳴尾浜らへんで撮ったと思う
a0052103_1550044.jpg

↑去年に撮ったバラの花やと思われます
場所はチャリ通途中にある花壇
a0052103_15501368.jpg

↑コチラも去年撮った夕日の写真
場所はメガネ橋(千本松大橋)
a0052103_15502747.jpg

↑夕刻の千歳橋(先月末あたりに撮った)
a0052103_15503860.jpg

↑阪堺大橋からの夕日(今週に撮った)
a0052103_15505060.jpg

↑助松ジャンクション下からの夕暮(今週に撮った)
 
+++++++++++++++++++++++++
Agの仕事は映像関連らしい
A-generator
事務所のブログ
+++++++++++++++++++++++++
 
[PR]

by btee | 2012-06-08 15:51 | フウケイ/コウケイ | Comments(0)
2012年 06月 07日

ブリッヂ→グジョ→ブリッヂ!(ビッグイヤー記念としてボチボチとチェルシー歴でも書きますね-3)

ビッグイヤー記念としてボチボチとチェルシー歴でも書いていこうかなぁと思ってます(回顧録2)
↑コレの続きです



前回のラストにも書いたとおり、多額負債を抱えて崩落寸前のウチを買収したアブラモヴィッチ(以降は油)
と、いうワケで、03-04シーズン、油元年が幕明けした。
シーズン開幕前に莫大な費用を使い、クレスポ、ムトゥ、ヴェロン、マケレレ、ダフ、ジョー・コール、ジェレミ、ブリッヂ、グレン・ジョンソンなどなど、名の通った選手を買い漁った。

だがしかし、監督はラニエリさんのまんまやったんで、いかに戦力が揃ってようと、好不調の波が大きく、謎のラニエリ采配も多発&想像以上にガナが強かったん(無敗優勝)で、PLは残念ながら2位でフィニッシュ。
(まぁラニエリさんにしたら上出来)

が! しかし! 忘れてはならないことがある! 前回にもチラッと書いたあの試合!
そう、CLクウォーターファイナル対ガナである。
ホーム、ザ・ブリッヂでの1stLegを1-1のドローで終え、ハイバリーでの2ndLegを迎えた。

1stLegでザ・ロック(デサイー)が退場となり、2ndLegは出場停止。しかし、替わりにギャラス(前回書くの忘れてたんで前回にチョロっと追記しといたw)が居たので、大した問題でもなかったが、それでも苦戦を強いられるだろうと覚悟していた。
なんせ相手は、あの当時最強やったガナやからね。ある程度覚悟はしとった。(でも、絶対勝つと信じてたけどね!)
だけど、予想に反して、ウチはかなりやれてた! 互角以上の戦いをしてた!
前半終了間際に先制点を許したものの、後半開始早々にフランクがゴールを決め、トータルスコアは2-2のイーヴン。
試合はそのまま一進一退、膠着状態のまま延長に突入するかと思われた終了間際、歓喜が訪れた!!!

左サイドでボールを受けたブリッヂが、ドリブルで駆け上がり、ペナルティエリア手前でグジョにパス。そのボールをグジョがダイレクトリターン(要するにワンツー)をし、ペナルティエリアに駆け込んだブリッヂが左足一閃!!! グラウンダーのシュートはガナのゴールに吸い込まれた!

オレ、超絶狂喜乱舞!!! マヂでヤバイくらいテンションが↑上がった↑わ!!!
このブリッヂの一撃で、ずっとずっと勝てなかった、何年も何年も勝てなかった、あの憎きガナに勝つことができた!!!
オレがファンを始めて8シーズン目、ウチがガナに勝った初の映像やったと思う。
勝てそうな試合をいつも落としてきた。リードをしてるのに、いつのまにかヌワンコやアンリに決められ逆転負けというパターンが当たり前のようになっていた。
いつしか、ガナに負けたくないという気持で観ていても

『また負けてまうんやろうな』

って気持になる自分が居た。
でも、ついにやった! PLではないけど、それ以上にCLの舞台でやってのけたことが本当に嬉しかった。
多分、96-97シーズンからウチを応援し始めて以来、初めて試合を観て涙しそうになった瞬間。そして、狂喜乱舞で朝から絶叫した(笑



で、この試合を目の当たりにして思ったこと。

『ビッグイヤー獲れるんぢゃね?』

多分、ウチのファンは大体そう想ったに違いない。
が、しかし、現実はまったくアマくはなかった・・・
と、いうか、ラニエリさんがまたいろいろとやらかした結果、セミファイナルでモナコにボコられ散る・・・



そんな感じで、03-04シーズンは終了。
で、ラニエリ時代が終焉し、そして、スペシャルワンがウチにやってくるのであった。
そう、ジョゼの時代の幕開けである。



まだまだ続くけど、今日はココまで・・・



+++++++++++++++++++++++++
Agの仕事は映像関連らしい
A-generator
事務所のブログ
+++++++++++++++++++++++++
 
[PR]

by btee | 2012-06-07 16:13 | サッカー/フットボール | Comments(0)
2012年 06月 05日

何やろね? この気持は? (6/1~6/2のリザルト)

********************************************************************
お魚釣りのハナシなんで興味あるヒトはどうぞ♪ 興味ないヒトももし良かったらどうぞ♪
過去の釣行記はコチラにもありまっせ♪
********************************************************************



6月に入り、まさしくゴールドシーズンに突入したと思われる、いつものポイント(またかいなw)に行ってまいりました。

で、今回は行く前から『今日は多分誰かやってるやろうなぁ?』と、思っていて、PM7:45現場に到着したら、やはり先行者の方がお一人。

『あの場所に陣取ってるってことは、多分あのお方。』

と、思い近付いていくと、やはり去年ココで御一緒やったオカモッサンがいらっしゃいました。
オカモッサンにご無沙汰しておりますと挨拶をし、5Mほど横に陣取らさせてもらう。



オカモッサンに状況を聞きながらセッティングをせっせと済まし、海に『今日もよろしくお願い致します』と、いつもしている挨拶を済まし、いざ第一投!
『シュビッ!』っと耳元で竿を振り抜く音がしたと思った次の瞬間、『ガガガガガッ!』と、音がし、竿が激しく震動した。
ライントラブルが発生したようで、元ガイドから軒並みガイドが強制連行され、全部のガイドが穂先で集ってしまってる・・・ で、穂先でガッツリ糸絡み・・・ 更に、それが原因で穂先が折れてもうてるし・・・
予備を全く持ってない貧乏釣師のボクにとって、最も恐れている事態である・・・ 死活問題である・・・ 何てガッデムシットなんや・・・(凹

本当のド初っ端から非常事態である。何故こんなことになった? 原因が全く解らない・・・
毎回必ず、戦闘開始の前には糸絡みが無いか? ガイドの緩みは無いか? を確認し、更にラインにはタップリとシリコンを塗付し、そしてスプールエッジにはワセリンまで塗るという丁重さにも関わらず、この仕打ちたるや・・・
戦闘開始の号砲と共に撃沈という事態に、テンションだだ下がり↓である・・・



とりあえず、ウダウダしてても始まらないので(実際は多少はウダウダしてた)、残りの1本にすべてを託すことに。
が、今日の釣行はこの初っ端がすべてと言っても過言ではない。
下げ7・8分のゴールデンタイムもアナコンダ師匠1匹だけやったし、上げ7・8分のゴールデンタイムも竿尻が浮く程度のアタリが1回あっただけで、それ以外はまったく何もナッシング・・・
轟沈中の轟沈惨敗中の惨敗余すことなく味わう悲惨な結果となってしまったのである・・・(涙

ちなみに、この日は釣れるという予感(おもいっきしハズレましたが)があったんで、ロケッツ&バトルを余すことなく撮影しようとしてたのに、撮れた映像は闇の中に静かに聳え立つ微動だにしない竿が1本のみ・・・
撮影した意味なし・・・(涙



それに比べ、となりのオカモッサンは好調でございました。
豪快なロケッツが2発。そのうち1発で、見事に↓
a0052103_12353131.jpg

タマミ75cmをGet!
もう1発は、去年と同じくリールを全く巻けない状態になり、その後痛恨のバラシ。

う~ん・・・ 羨ましすぎます・・・



ちなみに、このタマミはワタクシが頂戴することになりました(爆
オカモッサン、本当にアリガトウございます(礼
で、タマミのフライ&ムニエルは鉄板ですね♪ 旨すぎるわ♪

でもねでもね、自分で釣りたい・・・(涙
ロケッツを、引きを味わいたい・・・(号泣




※リザルト

釣果:クロアナゴ×1匹
釣行日:2012/06/1~2
ポイント:和歌山県チョメチョメ
ロッド:プロサーフ425CXT
リール:パワーサーフQD
ライン:PE6号
リーダー:ナイロン20号
仕掛:ナイロンハリス24号+ザイロンノット/ムツ針25号
餌:激安冷凍ロールイカを短冊にしたもの
同行(?)者:オカモッサン


 
+++++++++++++++++++++++++
Agの仕事は映像関連らしい
A-generator
事務所のブログ
+++++++++++++++++++++++++
 
[PR]

by btee | 2012-06-05 12:46 | ウオツリ | Comments(2)