<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 01日

イラクの真実を伝えるフリー・ジャーナリスト『西谷文和』氏

西谷文和さんは、フリー・ジャーナリストである。

西谷さんとは、仕事を通じてお知り合いになる事ができた。

 

西谷さんは、所謂『イラク戦争』の現場を、世に伝えようとしている。

普段、日本のマスコミが伝えない、絶対に伝えることがない現状を伝えようとしている。

西谷さんの仕事は、非常にストイックで過酷で重要なものだと思う。

そして、なにより、自身の命がかかっている・・・

誰にでも出来る仕事ではない。勿論、ボクなんかには絶対に出来ない。

 

初めて西谷さんの仕事に携わった時のことは、今でも鮮明に憶えています。

西谷さんがお持ちになられた映像は、ボクのココロに深く突き刺さりました。

いつも、どの時代でも、戦争の最大の被害者は何の罪もない一般の市民である。

その最たるが、未来の次世代の担手である子供たちなのだ。

その子供たちの痛々しい姿、悲痛な叫びは、悲しみ以外のなにものでもない。

イラク戦争の真実・・・ 本当の意味・・・

その悲惨な現状に打ちひしがれる人々。

しかし、絶望という深淵の中にも、小さな、本当に小さな希望の光は燈っていて、それを糧に生きようとする人々の強さあった。

その困難にも負けず、頑張って生延びようと、乗り越えようとする人々がいる。

武器を持たず、平和な世界に向けて歩み出そうとする人々がいる。

そして、そんな辛い状況でも、屈託のない笑顔を見せる子供たちもいる。

どれも、ボクの胸を強く締め付けるものでした。

 

我々にイラクの現状や真実を伝えてくれる西谷さん。

最近では『ダルフール紛争』のレポートも行われております。

西谷さんは、また近々イラクに取材に行かれるらしいですが、月並みではありますが、本当にご無事に帰国される事を願うばかりです。

 

最後に、この平和な日本で生まれ育った幸せなボク達(俗に言う戦争を知らない世代)は、この現実と事実と真実を目の当たりにした方が良いかもしれない。
そして、ボク達は、イラク戦争の真実を知らなければならないような気がする。

DVDジャーハダ──イラク 民衆の闘い

DVDイラク──戦場からの告発

戦場からの告発──アメリカがイラクにこだわる5つの理由

報道されなかったイラク戦争

どれも、お求めやすい価格になっており、尚且つ、見応え読み応え抜群です。

是非、ご覧になられる事をオススメします。

※残酷なシーンやグロテスクな映像は多少はございます。ご了承くださいませ。



+++++++++++++++++++++++++
Agの仕事は映像関連らしい
A-generator

+++++++++++++++++++++++++
 
[PR]

by btee | 2008-10-01 12:58 | ワレオモウ | Comments(2)