2009年 11月 17日

半日仕事 石見銀山 出雲大社 大嵐 絶品料理 猛吹雪 深夜3時 (後篇)

前篇はコチラ

【半日仕事】
AM6:00に目覚める。
前夜は若干ではあるが眠りにつくのが怖かったが、どうやら死んでなかったようでひと安心(笑
朝から部屋風呂(温泉)に浸かり、贅沢な気分を味わう。
しかし、残念ながら、昨日からの大雨は継続中で、やはり雲海は観れなかった・・・
身支度を済ませ食事処へ。昨夜のような頭痛や吐気もなく、ペロリと美味しく完食。
チェックアウトはAM10:00なのだが、AM8:30に『さんべ荘』を後にする・・・
何故なら、朝一から再診を受けに『飯南町立飯南病院』に戻らねばならないからだ。
正直、もう少しさんべ荘でノンビリしたかったのだが、同行者に詫び言い、後ろ髪を引かれる思いで宿を後にする。絶対にまた来たい宿がまたできた。

昨夜、闇夜を駆け抜けた同じコースをまた戻る。やはり、当たり前なのだが、昨夜とは見晴らしが全然違う。
が、大雨でナンダカンダ見通しはあんま良くなかったりするんやが(笑

そうこうしてる間に、AM9:05飯南町立飯南病院に到着。
受付を済まし、待合に。暫くするとお呼びが掛かる。
が、ココで衝撃的なことを告げられる! な、なんと、また点滴をするというのである!
若干フワフワしてる感はあるが、もう到って元気なのに・・・ 点滴で彼是1時間チョットは掛かると告げられ結構なテンションダウン・・・
『この後、石見銀山に行くのに、だいぶ時間削られるな・・・ また同行者に詫びを入れなければ・・・』
と、思いつつ点滴を受ける。

点滴を受けてる間に、ボクは少し眠ったようである・・・
気付いた時には、点滴はほぼ終わりかけ。
看護士さんを呼び時間を確認する。が、そこでまたビックリ! AM10:45だというのだ!
ウッソ~ん! 1時間半も経っとるがなぁ~っ!!!
『まぁ、しょうがない、点滴が終わったら病院を出れる。そこから取り戻せば何とかなる!』
と、思い、病室を出ようとすると、看護士さんが

「Agさん、この後に診察が残ってますので、待合でお待ちください。」

と、いう非情の宣告を受ける・・・ この時点でAM11:00前・・・
仕方がないので待合で待機、待機、待機・・・
気が付けばAM11:30である・・・
『いや、待たせすぎちゃいますの?』
と、思った矢先、痺れを切らした同行者がボクのとこにやってきたので事情を説明すると、受付に軽く輩りに行く(笑
が、結局PM12:05まで待たされ、ようやく診察も終了。紹介状も頂き、会計にGO!
結局、病院を脱出したのはPM12:20。完全なる半日仕事となってしまった・・・

【石見銀山】
と、いうワケで、今回の撮影紀行のメインであった石見銀山は激押しのため泣く泣く撮影中止となりましたとさ・・・(泣
いや、ね、ホンマ、もうね・・・

【出雲大社】
本当に同行者達にどう謝れば良いのか? とにかく申し訳ない気持で一杯なボクでしたが、同行者達は案外アッケラカンな雰囲気で、許してくれました。本当にありがたい(涙

と、いった感じで、昨日スケジュールの都合で行けなかった出雲大社に全力を注ぐべく、PM12:30に山越えスタート!
予想通りの曲がりくねったアップダウンの激しい山道であるが、全員出雲大社に並々ならぬ思いがあるのか(?)山道も何のその! PM2:00くらいには出雲大社まで目前に迫っていた。
もう車内の雰囲気も楽勝ムード。遅くなったが昼食でも摂ろうと、一軒の蕎麦屋へ。
そこそこゆっくりと昼食休憩を取り、いざ出雲大社へ!

そういえば、飯南町立飯南病院を出た辺りから雨はあがっていた。ボクは無宗教無神論者ではあるが、コレは我々が出雲大社に向けての並々ならぬ思いを感じ取った神が こ の 撮 影 行 脚 で 色 々 あ り す ぎ た 我々に与えてくれたご褒美なのなもしれない(笑

【大嵐】
と、いうワケで、PM3:00前、我々は出雲大社に到着。
駐車場に車を停め、いざ境内に入る。

と こ ろ が 雲行きがどうも怪しい・・・ 西の空には、ドス黒い雲が一面に広がっている・・・ 暗雲が立ち込めるとはまさにこのことか?
しかし、ようやくの思いで辿り着いたもう一つのメインスポット。とりあえず、多少のことは気にしない方向で撮影に挑もうと、気を引き締める。

そんなこんなで3分程歩いた頃、ボクのアタマに水が当たった。
『あ、やっぱきちゃったのね?』
と、思ったが
『多少のことなら、絶対に撮影するぞ!』
と、ボクの意志は相当固く、カッチンコッチンに、いや、固いというより強固まで達してた!
と、そんなことを思ってる間にも、どんどん雨脚は強くなる一方。そして、3分も経たないうちに土砂降りに・・・ ハッキリ言って、傘なんかさしてたって無意味なくらいの猛烈な雨である・・・
途中、出店の後なのか? テントがある場所があったので雨宿りする。
『暫くしたらマシになるだろう』
と、思い雨宿りしてたのだが、コレがあまかった・・・
雨脚は同じくらい激しいのだが、気温がグングン下がっていき、更には猛烈に風も吹き始めた。
テントの下に居ても、全く無意味なくらい、雨風は吹き込んでくる。ハッキリ言ってビショ濡れ状態である・・・
とりあえず、ココに居ても埒があかないので、車に戻ろうと傘を片手に駆け出すが、車に辿り着いた頃にはズブ濡れのボトボトになっていた・・・

う~ん・・・ しかし・・・

何なんでしょうか? この仕打ちは?

こんな酷い仕打ち、コレまで生きてきてそうはないよ(笑

と、いった感じで、暫く車の中で暖をとるが、ハッキリ言って全然寒い!
『ココに居ても温まれない・・・』
と、いうことで、全員の決断で、出雲大社を諦め、近くの温泉施設に退避することに決定。
いや、ホンマ、もうね、なんというか、ね・・・
PM3:30、出雲大社よ、さらば・・・(涙

【絶品料理】
出雲大社を後にした我々は、とりあえず、冷えたカラダを温めるため、温泉に浸かる。
そうこうしてる間に、時計の針はPM5:00を廻っていた。

と、いうワケで、撮影行脚の最後の愉しみとして『いわみ寿司』さんにお邪魔する。

a0052103_1512446.jpg

握り拳2つぶんはあろうかという大きなサザエの壷焼(サザエ自体も旨いが、この壷焼の貝殻の中にある出汁(?)がメッサ旨い。ずっと飲んでいたい感じ。)

a0052103_15132776.jpg

すべて天然物。特にヒラマサ(右奥)は絶品。

a0052103_15151085.jpg

手前のアン肝は、生まれて初めてアン肝を旨いと思えた。

a0052103_15164926.jpg

小ぶりだが、非常に甘くて美味。

a0052103_1518457.jpg

まるでリップグロスをつけたエロいオンナの唇のようにテラテラに妖しく輝く本マグロの大トロ。
トロ特有の臭味もなく、口の中でフワっと消える食感は抜群でした。
と、いうか、マグロは赤身派のオレが、初めて旨いと思ったトロでした。
ワサビもムダに辛くなく、仄かに甘い。

a0052103_15214588.jpg

ノドグロの煮付と塩焼。脂ノリノリでメチャクチャ旨いが、脂ノリノリでも決してしつこくない。飲み込みたくない。ずっと口の中に残しておきたい。浜田産ノドグロは日本一!

a0052103_15292529.jpg

文句なしの上握り。醤油は少し甘くて濃い。

a0052103_15312652.jpg

カレイの唐揚。カッリカリに揚っていて、アタマなんかパリッパリ。コレが毎日のおやつやったら、お子さんもカルシウムが充分摂れ、スクスク育つのにな(笑

この他にも色々と頂きましたが、本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。

【猛吹雪】
いわみ寿司を出たのがPM8:30。コレから帰路に着く。大阪到着予定はAM1:30頃。
降り続く大雨の中、斐川ICから高速に乗り、山陰道、米子道、中国道、近畿道を経て大阪へ。
ところが、米子道の大山辺りから、雨が白く変ってきた・・・ マズい・・・ 雪や・・・
今回の帯同者の中で雪道を走るのに慣れてるのはボクだけである。と、いうワケで、ボクが運転をすることに。
雪はどんどん激しく降るようになり、蒜山辺りで完全なる猛吹雪に・・・(汗
路面にも雪はガンガン積もりだしてるが、チェーンもなければスタッドレスでもない、フツーのノーマルタイヤ。だが、しかし、このまま車中で吹雪が止むまで待つなんてことも、恐ろしくてできない。
ボクの決断は、雪は比較的水分が多く、積もってもグシャグシャしてるので、固まったり凍ったりする可能性は低いと判断。50~60Kmで、トラックなどの轍の跡をゆっくり走り、とにかく、標高の低い場所まで走りきるのが吉と思い実行。
しかし、雪は一向に止む気配はないどころか、前が見えないくらい猛烈に降り続いてる。
ハイビームに映る雪は凶器でしかない。まぁ、こんな場合ハイビームやめりゃイイんですけどね(笑
根気よく、ネチネチと、スピードは出さない。ブレーキは基本踏まずにエンブレオンリーで。
摺鉢山トンネルを抜けた辺りから、雪はほぼ雨に変った。イエス!オレの読み勝ち(笑

っていうか、ホンマなんなん? これ? 呪われてんか?

【深夜3時】
かなり猛吹雪の中の運転に神経を使ったのか? 疲れがそこそこきた。
そういえば、米子道だけで1時間半以上はかかったなぁ。
そんなこんなで、あとはノンビリ帰る。
大阪に辿り着いたのがAM2:15頃。そこから我家に辿り着いたのはAM3:00を廻ったくらいだった。

無事、我家に辿り着くことができた。
今までの人生で、一番激しい旅だったのには間違いない。
いや、死んでてもおかしくない旅やった。

と、いうか、今回は旅というか、撮影行脚だったはず・・・
ところがだ、目的やった石見銀山出雲大社三瓶山の雲海も紅葉も、何一つ

撮 れ て な い ん で す

撮ったのは、いわみ寿司さんの料理だけ・・・

な ん ぢ ゃ そ り ゃ !

と、いうワケで、結果

撮れ高ほぼゼロ!

で、フィニッシュ。
うん、コレはもう、絶対に島根リヴェンジするしかないわな。



と、いった感じで、コレにて終了。
ココまで付き合ってくれた方、長くてスンマヘン。そんなアナタは立派な暇人です(笑
本当にアリガトウございました。


 
+++++++++++++++++++++++++
Agの仕事は映像関連らしい
A-generator

+++++++++++++++++++++++++
 
ドガログが無くなった今では、エキブロはもうスッカリ暫定ブログです。
 
[PR]

by btee | 2009-11-17 12:06 | ヒビショウジン | Comments(0)


<< またまたクイズ      突然のクイズ >>