テキトウ

btee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 15日

早速、行ってきました。

前回のエントリで紹介した【とっとパーク小島】へ。

ところが、なんとも痛恨! オレとした事が、ザクティをウチに忘れてきてもた・・・(汗
よって、写真も映像も一切なしで説明したいと思います。



【とっとパーク小島】(※以下【とっと】)に到着したんが、AM1:30くらいでしたが、駐車場は開いており、入口でガードマンにNo.11の整理券を渡される。
まだ整備されきってない駐車場で車中1泊(勿論エンジンはOFF)。

AM5:30に起床したら、既に【とっと】入口付近は黒山の人だかり。
慌てて準備して入口に向かうと、

『整理券の若い順番の方からどうぞ』

と、いうアナウンスで、AM6:00前に1200円を払い(安い)入場。



釣場目指してグングン歩く。が、大量に釣具を抱え、ぶら下てる為か? 釣場まで結構遠く感じる・・・
そこで役立つのが、無料で貸し出してくれる台車。
初めからコレに気付いていれば、汗だくにならずに済んだのに・・・

釣場には2mおき位に赤ビニールテープが巻かれており、釣人ひとり2mのスペースに与えられてるワケだ。イザコザ防止に繋がるから、中々良い配慮やと思います。
釣場の足元は鉄の格子状になっている為、モノを落とさないよう注意した方が良い。
照明やゴミ箱はきっちり配備されているのでGood!
釣場にはスタッフの方が結構頻繁に巡回していて、ゴミなんか持って行ってくれる気配りもあるが、そこは個人でちゃんと管理し、自分でちゃんと捨てに行こう。



さてさて、クルマに忘れ物してしまったオレ・・・
だが、あの距離を帰るのは億劫なハナシ・・・
そんな時は、管理棟で自転車を借りたら楽々である。
自転車の中には電動アシスト付のモノまであるので、年配の方や体力のない方には、入口までの上り坂は助かるだろう。



肝心の釣場なんですが、ココにもあるように、結構深いです。
普段の防波堤釣りの感覚でやると、釣れない可能性が高いです。
現に、周りでサビキしてはる方は、殆ど表層(5m以内)でやってはるため、あまり釣れてませんでした。
魚は底から数メートル辺りに居るので、なるべく底をとってから釣するのが良さそうです。



っで、ですね、突端から約50m手前のところを鎮座したボクの釣果なんですが

ジギング→ボウズ(アタリすらなし・・・)
チョイ投げ→チャリコ数匹(鯛になって帰ってきてね・・・)
ズボ釣→丸ハゲ(カワハギ)2匹(アタリはガンガンあれど、殆どのらない・・・ ハゲばっかりか?)

っと、いった感じで、この日はとても自慢できる内容ではありませんでした・・・



しかししかし、全体的に良い釣場やと思いますよ。潮通し抜群やから年中色んな魚釣れそうですし、大物もガツンときそうなんで、かなり愉しめそうです。
スタッフの方も意外と言っちゃあ失礼ですが(笑)結構ちゃんとしてましたし、設備も充実してますんで、至れり尽せりぢゃないでしょうか?



ただ、少し残念だなぁというか、改善してほしいと思うのが営業時間
オレ的には

3月~4月→AM5:00~PM8:00
5月~9月→AM4:00~PM9:00
10月~11月→AM6:00~PM7:00
12月~2月→AM7:00~PM6:00

かなり細かいけど、コレぐらいしてくれた方がありがたいかなぁて思う。



まぁでも、近場でココまで素晴らしい釣場は無いと思うんで、今後も【とっと】に通い詰めたいと思ってます。




今度行った時はザクティちゃんと持って行って、写真や映像撮ってきます。
[PR]

by btee | 2007-10-15 13:39 | ウオツリ | Comments(0)


<< 日本郵便のその後の対応      大阪の最南端の魚釣公園 >>