テキトウ

btee.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 27日

二兎追うもの一兎も@大荒れの中の南タマ&御平様

じゃこさんの号令でキンコロ時代の名残である

南紀コロタマ会(通称:南タマ)

が、こないだの土日(7/25~26)に開催されました♪

そんなワケで、ワタクシ、1ヵ月半ちょいぶりに出撃して参りました!
あ、そういえば、前回の出撃時のエントリちゃんと書くの忘れてた・・・(苦笑
※端的に書くと、今はなきキンコロのメンバーであった【じゃこさん】と【SHO-ZIさん】と、一緒にワイワイ愉しくやりましたが、長物しか釣れなかったというハナシです。詳しくはじゃこさんのエントリで(笑



それはさて置き、この日は台風12号の影響で猛烈に海が荒れてまして、本来ならいきなり南下して攻める予定やったんですが、様子見のため中紀の某ICで降りてポイント物色しながら南下していきますが、何処も大荒れ。波がドッバンドッバンと盛大に打ち付けております。
こりゃ外洋向いてはできまへんな・・・(汗
で、南に下れば下るほどウネリがエゲツナイので、しょうがなく内向き(港内)ポイントを探しに北上開始。
まぁ、釣師の皆様は当然の如く、外が大荒れなら内なんで、何処も内はヒトが多い。

で、気付いたらいつもの場所の手前ポイントまで北上。
が、そこで目にしたのが完全外洋向きの小さいそのポイントで何名かが陣取ってる!(驚

『あんなとこで竿出してたら、満潮なったら波に浚われ死亡しますがな・・・(汗』

確かにそこは釣れるポイントですが、ボクはそんな危険は犯したくないので完全スルー。
しかし、後で知ったのですが、まさかそこに南タマ参加者のももすずさんが居ようとは(爆 根性入りすぎです(笑



さてさて、そんなワケでワタクシ、隣に位置するいつものポイントに到着すると、なにやら知ってる人影が。
今はなきキンコロでも歴戦の雄であられた鬼軍曹いけちゃん殿であります(笑

いけちゃん殿:
「お! Ag久々やん! ワシ今日ココでやろうと思って見に来たんやけど、これくらいのウネリと波やったら外向きでやっても全然問題あらへんわ。」

Ag:
「え? マヂでですか? 外ドッバンドッバン波打ち付けててチョット無茶やないですか?」

いけちゃん殿:
「あ!? 何やとワレ? ワシがココでやるって誘ったら喜んで二つ返事が当たり前ちゃうんか? お?」

Ag:
「も、も、もちろんボクもココでやりますよぉ(苦笑 ココでするつもりで来たんですからぁ(汗」

いけちゃん殿:
「よっしゃ! ほならボーっとせんと早速準備しろや! グダグダすんなよボケナス!」

Ag:
「・・・」

と、いうことで半ば強制(脅し?)で泣く泣くポイントを決められました(爆
ってなワケで、イロイロと偵察して廻りましたが、結局いつもの場所に落ち着く運命のワタクシであります(苦笑

a0052103_13252955.jpg

とりあえず、セッティング&砲撃開始。

a0052103_13264253.jpg

って、いうか、見てくださいこの波! この波のデカさ!! これ余裕で3メートル以上あります!!! コレは完全に人を○せる波です(汗
コレでも釣れるヤレると余裕で断言するいけちゃん殿の肝の据わり具合たるや・・・
ほぼ朝まで轟音と共にこんな波がずっと続いておりました(怖

a0052103_13371725.jpg

そんな中、波飛沫がバッシャンバッシャンと盛大にかかってくる角地で黙々と竿3本体制をセッティング中のいけちゃん殿。コレは完全にどうかしてます(笑 完璧に弩変態釣師病に罹ってます(笑
ちなみに、写真が白っぽいのは光の加減も多少ありますが、主な原因は猛烈な波のしぶきが霧状になって漂ってるからです。

a0052103_13433326.jpg

しかし、いつ来ても、例えこんな条件であってもこの景色には癒されますね。本当に美しいです。
あ、勿論この波も漏れなくデカいです(怖

まぁ、そんな感じで竿を出してますが、波とウネリで竿先はグワングワンに動きまくるので、魚信なんか何なのか? まったく判らん状態であります・・・(苦笑

でも、こんな中でも長物さん(ウツボンダさん&アナコンダさん)たちは関係なくいらっしゃいますね。皆勤もエエんですが、たまにゃあ休めばエエのに。あ、勿論ですが写真は撮ってませんよ、面倒なんで。



で、暗くなって、竿見てても何かよう判らん&ロケッツ(タマミのアタリ)しそうにありませんので、

荒れてる=御平様(ヒラスズキ)チャーンス! 

ってことなんで、久々にルアーマンに変身! シマノ【GAME AR-C S1206MT】を復活させキャスティング開始。
すると、やはり思ったとおりバイト(アタリ)が数回あり! コレは絶対釣れると確信。
が、その後、暫く続けましたが反応が無くなったので、チョット休めることに。
そして、投げ釣りの方に専念。が、相変わらず波が凄くて魚信がまったく判りません・・・



そんなこんなで、時計は日が変わり7/26のAM1:00くらいだったでしょうか? チョット疲れたのかウトウトとしてる時、突然

ドガーン!(ロケット発射で竿が竿立ての上で暴れてる擬音)
チャリンチャリン!(尻手ロープに着けてる鈴の音)
ガガガガ!ゴリゴリ!(竿が竿立てから飛び出し堤防に擦れる音)

ロケッツキター!!!

少しウトウトしてたため反応は遅れたが、竿を手に取ると物凄いチカラで引っ張ってる!

コレはキタで! タマミきたでぇ!!!

そして、豪快に大合せ!!!

するも

スカ・・・

魚信消える・・・ 無慈悲すぎ・・・

仕掛け回収するも、何のダメージもないし、餌(この日釣った新鮮なウツボの切身)も噛み千切られてないし歯型も特にない。
サメなら歯形や仕掛けにダメージが残るし、赤エイ系ならあんなに猛烈な発射はしない。たぶんタマミかマダラトビエイだろう。
いけちゃん殿と話し合いの末、恐らくタマミだろうという希望的観測でハナシはまとまる。
しかし、駆け寄って来たいけちゃん殿が安堵の表情(?)に見えたのは気のせいだろうか?(笑

そうなると、いけちゃん殿もタマミが回ってきてるからココ逃すなと打ち返しに激しさが増す。
が、無常にもこの後は何のドラマもなく、AM2:00過ぎにいけちゃん殿は無念のタイムアップ。
翌AM10:00から仕事だそうです。マヂでタフすぎです、この御方。

で、いけちゃん殿がゴソゴソと片付けをしてる間、タマミの予感がなくなったのでボクはルアーで御平様狙いを再開。
すると、比較的すぐにバイト! そしてすかさずフッキング!!!

完全にノった!!!!!

むむむ! 結構引くぞ!!! なかなかパワフルに思える。コレ50cm以下は絶対ないぞ。久々のルアーでのバトルに胸が踊る躍る。

ドシャドシャドバッシャン

と、暗い海からエラアライの音が聞こえる! その方向にヘッドライトを照らすと、銀色の体高あるカッコイイ魚体が見えた! 結構デカい!!! 確実に60cmは下らない。と、いうか70upあるかも!?

が、そこでボクは気付く・・・ どうやってランディングしよう・・・ ココ足場高いの忘れてた・・・(汗

絶対にゴボウ抜きできるサイズではない・・・

あ! そういえばいけちゃん殿何処行った? まだ片付け途中だった筈!?

ボクはいけちゃん殿にヘルプを叫ぶ

「いけちゃん殿! ヒラきました!! 結構デカいんでランディングお願いしたいんですが!!!」

が、返事がない・・・(汗
さっきまで近くに居た筈なのに・・・
振り返ってみると、いけちゃん殿がメッチャ遠く、堤防の端っこに行ってる・・・ ボクの声はたぶん届いてない・・・

こうなれば、いけちゃん殿が戻ってくるまで耐えるしかない。と、思って暫く頑張ってたが、御平様必殺エラアライを喰らいフックアウト・・・(汗 残念無念・・・(涙 ガッデムシット・・・(泣

で、いけちゃん殿はその後すぐ戻ってきた。端っこまで行って用を足してたと仰っております・・・ う~ん・・・ そういうことなんですね・・・ これはしょうがないなぁ・・・
暫く後、片付けが完了するといけちゃん殿はソソクサと家路につきましたとさ・・・
※ココまで書いてきました“いけちゃん像”とは違い実際のいけちゃん殿はこんな感じではございません(笑 多少フィクション入れて書いておりますです(笑 頗るエエ人でナイスなガイでございます。



ウネリと波の轟音と飛沫が絶え間ない暗い防波堤にボク一人・・・
完全に意気消沈です。こうなると朝までちゃんと釣りをするのも苦痛なので寝釣りを敢行しようとしたのだが

ズッ… ズズ… ググググ… グッ… ガーン!

と、何だかスッキリしないロケッツですが、竿がブッ飛んだのには違いない!
速攻で大合せ! 今度は完全にノった!
が、まぁまぁ走りますがパワフルさに欠ける。タマミではないな? コロ? それともベビタマ(小タマミ)? はたまたサメ?
上がってきたのは・・・

サメ・・・

ドチザメとかではなく、この釣りしてるとよく釣れる外洋性のあのサメ(名前がイマイチ判らない)。
しかも、まぁまぁデカいし・・・ メータは確実あるな・・・
久々の人力クレーンが登場するも、上げようとすると手が千切れそうになるくらい重いし・・・ タマミとかコロなら多少重たくても意地でも揚げたるけど、こいつは臭いし歯が怖いから要らんし・・・ どないしょ?・・・
とりあえず、ベールを開き、糸を緩めると鈎が外れてホッと一安心・・・

も、束の間、隣の竿が同じようなロケッツ・・・
同じような引き・・・ やっぱサメ・・・ サメの連荘に辟易する・・・ で、コイツもまぁまぁ重くて人間クレーン断念。
同じような扱いをしたら今度は歯が当たったのか? ラインブレイクでオサラバ。

で、暫くすると空が白んできて、アッという間に明るくなった。もうタマミのチャンスはゼロ・・・
しょうがないので片付けて車に乗り込むも、チョットいろいろと納得いかないので浜(磯)を歩いて御平様狙いを続けるも、AM6:00になりほぼ不眠釣行もタイムアップ。
今回も無念のノーフィッシュでフィニッシュ・・・(号泣



で、南タマの会場である印南PAに向けて車で地道を走ってる途中、チョット話は逸れますが、あの家を見つけた! あの家って印南にあったんやな。今まで何度も印南に来てるけど、コレは全然知らんかったなぁ。

え? あの家ってナニって? この家ですよ。

a0052103_15574037.jpg


知ってる人も多いと思います。全労災のCMのあの家です。



閑話休題。
で、印南PAに到着。
変態釣師おぢさん達と本当に愉しいひと時を過ごすことができました♪
その様子、詳しくはじゃこさんのエントリ

おっさんたちの熱き戦い! 南タマ2015!!

を、ご覧くださいませ(笑



で、帰り、月最終日曜やったんで、例の魚屋(魚コーナー)に寄り、80cmくらいの鳥取産サゴシが580円(税別)で売ってたんで2匹購入。ホンマ安すぎワロタ。



さぁ~て、タマミの最盛期ももう終わりでしょうから、次からは御平様に本格復帰しようかな?
でも、また大物夜投げ釣り懲りずにしちゃうんやろうなぁ?(笑



※リザルト

釣果:なし
釣行日:2015/7/25~26
ポイント:和歌山県チョメチョメ
ロッド:ロングサーフT35号530Q×2&GAME AR-C S1206MT
リール:パワーサーフQD×2&EMBLEM X 2500C
ライン:PE6号&PE1.5号
リーダー:ナイロン30号&ナイロン10号
仕掛:ナイロンハリス30号+管付ムツ針22号
餌:イカ切身&冷凍鯵&釣りたてウツボのブツ切り&フローティングミノー
同行者:鬼軍曹いけちゃん殿


 
+++++++++++++++++++++++++
Agの仕事は映像関連らしい
A-generator
事務所のブログ
+++++++++++++++++++++++++
[PR]

by btee | 2015-07-27 11:38 | ウオツリ | Comments(4)
Commented by じゃこびー at 2015-07-27 22:13 x
お血枯れさまでしたw

こりゃあ、しばらくはいけちゃんにしごかれますねwww

次回は血羅浜界隈の断崖磯から尻ロープ(尻手じゃない)でつるされての探り釣りあたりでしょうか♪

ガンガってねーーーー(/・ω・)/

いやあ、イケちゃんてほんとは紳士やのにねえ。。。
Commented by btee at 2015-07-28 11:46
じゃこさん、まいどでございます。
そして、お疲れ様でございました。

チョット書きすぎ&やりすぎました…(汗
今は、海より深く反省しております…(猛省

いけちゃん殿は本当にジェントルの中のジェントルですね。
Commented by 74daca at 2015-07-28 16:14 x
しばらくぶりに釣行記読ませてもらいました。
中紀もけっこう荒れてたんですね。
南紀はもっと荒れてましたけど。

ボウズやなと途中で予測できても最後まで楽しめる釣行記ですね。過去の分もまとめて小一時間ほど楽しませてもらいました。

磯タマの醍醐味もええですよ。
なんと言っても抜きあげ困難なぐらいのウツボンダ師匠に会えます。




Commented by btee at 2015-07-28 17:47
74dacaさん、お越しいただいてアリガトウございます。

南紀までは行ってませんが、みなべ堺過ぎた辺りで南下を諦めました(笑

しかし、態々のまとめ読みアリガトウございます(笑
そんなに褒めてくれるの74さんだけです(笑

磯タマ、久しくやってないです。確実に4年以上はやってないですし、磯では散々な結果ですので…
って、磯以外でも大概散々ですけどね(笑

今度何処かでご一緒させてください!


<< マヂありえんクエ1匹      鮮度ゼロの釣行記(2015シー... >>